宮地エンジニアリング株式会社の事業内容についてまとめてみた!

宮地エンジニアリング株式会社は金属製品を取り扱う企業であり、橋梁などに特に強いのが特徴となっています。
創業が明治41年という非常に歴史の古い企業であるのも特徴であり、今まで様々な長大橋の建設に携わってきていて宮地エンジニアリング株式会社の歴史というのは、日本の長大橋の歴史そのものと言えるほどになっています。
古い歴史を持ちながらも常に最先端の技術を求め続けてきただけに、日本の長大橋の第一人者として常に業界ではその名を馳せてきました。
宮地エンジニアリング株式会社の行っている取り組みは、橋梁事業だけでなく建築事業や保全事業、解体・撤去事業にFRP事業、海外事業や発電事業を非常に多岐にわたる事業内容となっています。

建築事業では東京タワーの名で知られる日本電波塔を1958年に建て、大空間構造物は福岡ドームの屋根や大阪ドームの屋根などドーム球場の屋根を建築してきたばかりではなく、札幌ドームのようにドーム球場そのものを作る技術もあり、特に札幌ドームはサッカーステージが屋内外に入れ替わる非常に特徴的な球場となっています。

保全事業としては耐震や免震に関する工事を行っていて、橋梁事業によって身についた技術はこのようなところでも活かされています。
宮地エンジニアリング株式会社では、橋梁を架けるだけでなく撤去をする技術に関しても非常に高い物となっていて、今まで数々の長大橋を撤去してきた実績もあります。
橋梁だけでなく、鉄塔や煙突の撤去にも長けており過去に様々な鉄塔や煙突を安全に撤去してきた実績もあるのです。
無限大の用途を持つFRP製品を作っているのも大きな特徴となっていて、高耐久で軽く錆びないFRP製品はあらゆる場所で活躍をしているため、宮地エンジニアリング株式会社は日本中のあらゆる場所で社会に貢献をしています。

国際化社会が叫ばれる現代ですが、宮地エンジニアリング株式会社は1960年代から海外での活動も行っていて、日本の優れた技術を世界に発信をしています。
そして、それらの建造物は今なお使用をされ続けていて、日本の技術の高さと信頼性の高さを世界に広めることに一役たっています。

発電事業も行っていて、クリーンなエネルギーを生み出し石油の削減や酸化炭素の削減、CO2の削減にも力を入れていて、自然環境に配慮をした事業を行っているのも特徴です。
宮地エンジニアリング株式会社は一般的な知名度は決して高くないものの、日本のあらゆるところ更には世界で活躍をしている企業なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です