株式会社 九州建設計画エンジニアリングの事業内容についてまとめてみた!

株式会社 九州建設計画エンジニアリングは、福岡市に本社のある建設コンサルタントです。
主に発注者支援業務、好物管理支援業務、特定労働者派遣業務を事業内容としており、主要な取引先は国土交通省や九州地方整備局となっています。
株式会社 九州建設計画エンジニアリングは、昭和53年に設立された九州地方計画協会の一部事業を引き継ぎ、2016年8月に設立されていろい、協会の理念であった「社会不可欠な社会資本の整備をはじめ、その維持管理・運用を行い豊かで安全・安心の暮らしを守ることに貢献する」をそのまま継承し、地域社会や顧客との信頼関係を構築しながら持続的な発展を目指しています。
株式会社 九州建設計画エンジニアリングの特徴は、多彩な国家資格を有する技能者を擁していることでしょう。
コンサルタント業務を担う技術士、発注者業務を担うⅡ種公共工事品質確保技術者、土木事業の施行管理を担う一級土木施工管理技士、各種電気工事における施行管理を行う一級電気工事施工管理技士、各種建設機械を用いて施工指導や監督業務を行う一級建設機械施工技士、各種電気工事を行う第一種電気工事士などを中心に測量士、建設コンサルティング業務の管理・照査を行うRCCM、情報セキュリティスペシャリストまで幅広い分野の有資格者など充実した体制を整えており、これらの技能者らが、建設・土木、各種工事から施行・管理・指導・監督業務を担います。
株式会社 九州建設計画エンジニアリングは技能者の技術力の向上、コミュニケーションの改善、現場力の向上、人材育成と働きがいの4つの基盤づくりを目指しています。
これ以外の取り組みとしてCSRが挙げられるでしょう。
株式会社 九州建設計画エンジニアリングのCSRでは、建設技術に関わる職員を対象とした技術者倫理や機密保持の周知徹底のために研修会や講習感を定期的に開催しています。
特にIoTなど高度ネットワーク社会を迎えつつある中で増大するリスクを抑止するため、社内の情報や業務上知り得た情報などに対して、その重要度に応じて気密性や完全性や可用性を維持するために事項を定め、情報管理の徹底しています。
また倫理規定として役員及び社員などの論理に関する規定を設けており、役員・社員・非常勤社員・出向社員・派遣社員など全てに事業の執行の公正性や国民の疑惑や不信を招く行為の防止を定めています。
株式会社 九州建設計画エンジニアリングは、九州で建設コンサルタント業務を軸に多数の国家資格者を要する技能者集団です。
社会に不可欠な資本整備を誠実に果たすための人材育成とともに、情報管理や倫理の充実にも力を入れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です